市販されているシャンプーは、内容として含まれている洗浄成分によって、いくつかの種類にわけられます。

一般には高級アルコール系と呼ばれる、物質の組成として炭素の量が多いアルコールを含んだものが使用されており、こちらは洗浄する能力が高く、頭皮の汚れを落とすには最適とされるものです。

しかし、これは同時に、天然の頭皮を保護する成分である頭皮の皮脂を必要以上に削ってしまい、頭皮のふけ、かゆみ、皮膚の炎症などをもたらし、ひいては抜け毛、薄毛の原因になってしまうこともあるとされています。いっぽう、育毛シャンプーと呼ばれているものは、こうした頭皮へのダメージに配慮したものであり、主には石鹸系やアミノ酸系の洗浄成分により構成されています。

石鹸系の育毛シャンプーは、文字通り石鹸が洗浄成分のもので、アルコールよりも頭皮へのダメージが少なく、洗浄能力もほどほどにあるもので、毛穴に詰まった頭皮の余分な皮脂を洗い流す効果があります。

いっぽう、アミノ酸系の育毛シャンプーは、人間の筋肉や血管などを形作るアミノ酸に広くは含まれている物質を洗浄成分としたもので、洗浄能力は他のものよりもおだやかながら、頭皮への影響はもっとも低く、また傷んだ髪の毛を修復するはたらきもあるとされています。

このように、育毛シャンプーは、主に頭皮に対するダメージを最小限におさえつつ、余分な皮脂を洗浄して、快適な頭皮の環境を保つことを目的としているのです。

チャップアップについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です