グループウェアを導入する際は

グループウェアは今ではほとんどの企業が導入しているソフトウェアであり、業務を支援してくれるだけではなく社員同士のコミュニケーションも円滑に進めることが出来るため、効率的に仕事をすることが出来るようになっているところが魅力とされています。
ただ、グループウェアは多種多様な製品が販売・サービス提供されているので、その中から自社に見合った機能や特徴を持っているものを導入しなければうまく活用できないと言う落とし穴もあります。



そのため、まず導入する際にはグループウェアには機能によって一長一短があると言うところを把握しておくことが必要になっています。

全てのサービスが同じと言うわけではなく、それぞれの特徴や機能、メリットやデメリットを把握し、自社で適応することが出来るのかどうかを確認します。

NAVERまとめ情報は初心者にも分かりやすいです。

特に動作するOSが合っているのかどうか、バージョンアップなどのアップデートに自社のパソコンで対応することが出来るのか、業者のサービスはどのようになっているのかなど、製品以外の部分にも着目するところがポイントです。

そしてよく失敗しがちなのが、機能が多いものを選んでしまうと言うところです。


グループウェアによっては多機能性がセールスポイントとなっているものもありますが、自社で使わないような機能がたくさんあっても意味がないと言うことを知っておくのが重要です。



なので、多機能性ではなく自社で必要となっている機能を有しているかどうかを見ることがポイントになります。