グループウェアのデメリットについて

グループウェアは導入することによって業務を円滑化することが出来るだけではなく、コミュニケーション関連の機能が充実していることから社員同士でのコミュニケーションを向上させることが出来ますし、ユーザーとして登録されている社員全員が閲覧することが出来るため、情報を共有化しやすくなっているところが最大の特徴と言われています。

そしてグループウェアはクラウド型・クライアント型・IPS型など多種多様な種類があり、それぞれインターネット上で利用することが出来るものやサービスとして利用できるものなど、ソフトウェアとして購入・導入しなくても利用することが出来るものが増えてきています。

All Aboutの情報収集ができます。

そのため、グループウェアを導入する際にはメリットだけではなくデメリットも把握しておく必要があり、それによってどこまで妥協することが出来るのか、どのように対応していけばいいのかを把握することが出来るようになっています。

例えばクライアント型のものであれば社内のパソコンにひとつずつインストールしなくてはならないため、どうしても運用コストが高くなってしまいます。



逆に言えば、導入するパソコンが少なければそこまでコストがかからないと言うことになるため、小さな事務所などでは問題にならないデメリットです。

また、クラウド型のようなWEB型は外部でのデータ管理となっているので重要なデータは取り扱いにくいですが、設定によってセキュリティレベルを上げることで対応することも可能となっています。