グループウェアの有用性

グループウェアはネットを利用して企業などの組織間での様々な情報を共有する為のソフトウェアです。画像やスケジュール、資料や報告書といった必要なものをデータ化して保存する事で共有する事ができ、ネットにつなぐ環境さえあれば時間や場所に囚われずに必要な情報を閲覧する事ができます。

また、伝言板やチャットの機能を使用する事で伝言を残しておいたりコミュニケーションを取る事も出来、作業をしながらでも円滑に意思疎通を行う事が出来ます。
グループウェアを使用する事で様々な作業を簡略化することが出来るので、様々な企業や組織が使用しています。

しかし、企業によっては積極的に導入しようとしなかったり、導入しても中々浸透しない事もあります。この理由としてはまず、グループウェアで行う事は別の方法で行う事が出来る、という事があげられます。例えば用事がある場合は直接話しかけて伝えたほうが早いですし、オフィス内にはホワイトボードや掲示板があるので伝言する事がある場合にもそれらを使用する事で伝える事ができます。

また、機能を覚えるのが面倒、という人も居るようです。


確かにグループウェアに搭載された機能は元々別の方法で行われていたもので、違うやり方ができるものばかりですが、効率という点においては右に出るものはありません。



口での説明ではうっかり聞き逃してしまったり聞き間違いをしてしまったりする事なども多いですが、文字として残っていれば情報は確実かつ正確に伝わります。



また、紙を使った場合、かさばってしまったり他の情報と混同する事もあります。

多角的な視点から朝日新聞デジタルを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

ネットを通じて伝言を残す場合にはそういったことも無く、紙代の節約にもなるのでコストの削減にもなります。

また、その場で会話が出来る為、より細やかなコミュニケーションをとることも出来ます。

グループウェアは特別な事に使用する事はできませんが、使いこなす事であらゆる作業を効率よく行う事が出来ます。